メニュー

ブログ

各種症状, 半月板損傷, ひざ痛 2019.08.02

半月板損傷
半月板損傷とは

半月板は三日月形をした軟骨の板で、大腿骨と脛骨の間の内外両側にあり(内側半月、外側半月という)、パッキンのような役目をはたしています。損傷は急な方向転換で膝を捻ったり、ジャンプの着地の衝撃によってこの半月の一部が切れてしまうケガです。

半月板が単独で損傷する以外に、前十字靭帯の断裂と同時、または靭帯断裂のあと不安定になった関節の動きが原因で切れることも多いと思われます。
バレーボールやバスケットボール、柔道、体操などの種目でよく発生し、膝ではもっともポピュラーなケガとなります。

症状 

腫れて水がたまる
膝に水が溜まる
半月板は膝の両サイドにあるので、切れた側の膝側面 (スポーツ外傷では内側半月の損傷が圧倒的に多い)が痛みます。また、はれてきて関節液がたまったり(水がたまるという状態 )、膝の屈伸時にひっかかり感があり音が発生します。切れた半月板が関節にはさまって、膝が伸ばせなくなることもあります。前十字靭帯断裂と同時に発生したときは強い痛みがありますが、半月板だけの場合は痛みが少なく、ケガに気がつかないままスポーツをつづけてしまうことあります。

処置と治療

軽度の時は、理学的療法、マッサージ、アイシング、テーピング等を施して早期回復をめざします。
損傷の高度の時は、損傷箇所を縫うか切り取ります。半月板のキズが小さいときは固定などの保存的治療ですむこともあるが、一般的には手術での治療が多い。切れた部分を縫合するか、切って取りのぞくかのどちらかの方法で行われますが、後者の場合が圧倒的に多いようです。
いずれにしても、靭帯と同じように半月板も自然に治るケースはごく少ないので、受診が必要です。放置しておくと、仮にスポーツができたとしても痛みや、関節に水のたまる症状がつきまとってしまいます。

スポーツヘの復帰

切除手術後はすぐにリハビリを開始し、1か月半から2か月後にはスポーツヘ復帰することが可能だです(ただし、縫合手術した 場合は復帰までに半年ほどかかる )。 靭帯の損傷を併発しているケースだと、そちらのほうの回復が長びくので、復帰までさらに時間がかかります。
手術後は、積極的なリハビリ治療を行いましょう。

Scroll Up