メニュー

自律神経のこと

自律神経失調症について

体に現れるその症状、実は自律神経の乱れかもしれません・・・
「肩こりがひどく、頭がズキズキ痛い」
「昼はウトウトして、夜なかなか寝つけない」
「歩くとフワフワ、フラフラする」
「全身がだるくてやる気が出ない」
「ほてり、冷え、筋肉痛、頭痛、目の疲れ、息苦しさ、動悸、胸部圧迫感、胃腸障害、頻尿、残尿感・・・」
症状を上げるときりがありません・・・。
これらは、自律神経失調症の典型的な症状です。ストレス社会の今、 このような症状に悩まされる人が非常に増えています。
ところが、自律神経失調症は、病院で検査を受けても身体的な異常がみつからない病気です。病院に行っても「どこも悪いところはありませんよ。あまり気にしないで・・・」といわれて、適切な治療を受けられないケースもあります。 患者さんにしてみれば、原因がわからないために、なおさら不安になってしまいます。また、そのため、気分が落ち込んだり、症状がますます悪化するという悪循環に陥りがちです。
周囲の理解もなかなか難しいものです。

自律神経のお悩みはカイマ接骨院へ
自律神経のお悩みはカイマ接骨院へ

これらの症状は、決して「気のせい」で起こるものでもなければ、「気のもちよう」で治るものでもありません。
自律神経失調症を克服するためには、まず寛解を目指し、症状の原因となる要因を軽減または取り除き、ストレスや不規則な生活などを正常なものにしていくことです。そのことに、ご自身が気づくことがとても大切なのです。

当院は自律神経失調症の薬を使わずに、
スタッフとともに私がそのお手伝いをしています。
自律神経の乱れでお困りの皆さまへ

私は多くの自律神経失調症などの不定愁訴は実は体の筋肉の硬化、特に各部位の深層筋の硬化または、表層であっても神経圧迫する筋肉の硬化が関わっていると考えます。
それによって体のすみずみにはりめぐらされている自律神経に悪影響をもたらし最終的に内科的な症状が出てくると思われます。
ただこのような症状がすでに出ておられる方の多くは簡単な治療や対処治療法では、なかなか思うような結果が得られない事が多いようです。血流が悪くなる原因となっている身体の筋肉の硬化を緩めることで血流の圧迫、神経の圧迫を緩める事で様々な原因の体調不良だけでなく精神的なストレスも好転していくと思われます。
時には薬が必要であったり数々の治療法をためしたりも大切でありますが、ここで私が重要としております考え方は漠然と筋肉をほぐせばよい、気持ちよくリラックスできればよい、一時的に改善すればよいという事ではなく・・・その症状にはこの施術と症状によって行うのが正しく思われます。
時には運動治療も取り入れ指導していきます(機能訓練指導)。まずは、完治をめざすのではなく寛解をめざして。

院長 貝間 芳仁

自律神経失調症の治療

当院では、「赤外線治療器 アルファビーム」を使った自律神経失調症の治療も行っています。

アルファビームとは・・・

「痛み」は、自律神経のひとつ「交感神経」が緊張状態にあることで毛細血管が収縮し、血行が悪くなることにより引き起こされます。血行が悪いと痛み物質が滞り、炎症や痛みはどんどん強くなっていきます。さらにはそれにより自律神経失調症を招く原因ともなります。
これらの治療には、星状神経節に局所麻酔剤を直接注射するブロック注射をすることがあります。
星状神経節にアルファビームから照射される近赤外線をくり返し照射することにより、注射ほど一気に強い効果は認められませんが、星状神経節ブロックと負けない効果がでて、なおかつ注射と違い光の照射時に痛みはなく副作用もないので、患者様の負担が少ない事で喜ばれております。

自律神経失調症の治療は長岡のカイマ接骨院
自律神経失調症の治療は長岡のカイマ接骨院

以下の症状で、検査などをされても特に異常なしと判断された方・お悩みの方へ
「ストレス」「自律神経失調症」「更年期障害」「冷え性」「頭痛」「頚部痛」「シビレ」「寝違い」「肩コリ」「むちうち症」「四十肩・五十肩」「関節痛」「めまい耳鳴」

アルファビームの特徴

アルファビームは、近赤外線をスポット状に照射し、従来よりも体の奥まで温められるようにした赤外線照射器です。赤外線の中でもより体の奥まで届くことで知られているのが「近赤外線」です。その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、医療現場で幅広く利用されています。
従来の理学療法(低周波、温熱療法、牽引療法、マッサージなど)では効果が出ない頑固な症状や治療効果が届かない深い患部(皮下4~5センチ)でも神経の緊張を直接、しかも短時間で取り去るレベルの治療が可能です。痛みはもちろんの事、広範囲の自律神経系の疾患にも著しい効果を発揮します。

頚への照射(星状神経節照射療法)

星状神経節の照射をすると末梢の血液循環が良くなります。なんだかありふれた表現に聞こえますが、実はとても大切なことです。
血管が縮まると、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなり、様々な痛みや体の変調を訴えるようになります。老廃物も捨てられないので老化が進み、病気がつくられやすくなるということです。また血液循環を良くすることで、疼痛の改善が見られます。

アルファビームで全身のまたは部分的な血液循環を良くしておくことは、症状の軽減、消失につながりまた、予防になります。
この治療法は痛みがなく、安全で副作用もない治療法の1つです。

星状神経節照射療法の特徴

ある程度の回数は必要ですが、脳の視床下部の機能が改善され、自律神経、ホルモン分泌、免疫力(抵抗力)のバランスが整い、自己治癒力が高まります。
「視床下部」自体は、自律神経やホルモン、免疫全体的なコントロールをしている重要な場所です。
照射により、ストレスで引き起こされる病気にも効果が出てきます。アルファビーム照射後は脳の血流が良くなります。脳にとって、血流が悪いということは機能低下を意味します。
 
視床下部の血流が低下すると、自律神経系やホルモン系、免疫系コントロールに支障が出て、全身的に様々な問題があらわれてきます。アルファビームの効果範囲が広いのは、この視床下部をはじめとした脳の血流が改善することがひとつの理由です。また照射による皮膚の刺激や痛み、その他の副作用・合併症もありませんのでご安心下さい。
こんな所でも利用されています。
ペインクリニック、リハビリ科をはじめ、整形外科クリニック、耳鼻科、眼科プロ野球などのスポーツ分野でもアルファビームが使用されています。
急性・慢性期を問わず幅広く使用できる治療です。その効果は各科で認められ、医療現場で幅広く利用されています。患者さんの痛みや症状に応じ照射ポイントを的確に定めて早期回復を目指します。