メニュー

ブログ

各種症状, 靭帯炎, ひざ痛 2019.08.02

靭帯炎
靭帯炎

スポーツをつづけているうちにだんだんと膝に痛みが出てくる過労障害です。代表的なものに膝蓋骨と脛骨をつなぐ靭帯が炎症をおこす膝蓋靭帯炎と、膝の外側にある大腿筋膜に炎 症をおこす腸脛靭帯炎があります。

腸脛靭帯↓          
腸脛靭帯

膝蓋靭帯炎↓
膝蓋靭帯炎

膝蓋靭帯炎は 「ジャンパー膝」といわれ、バスケットボールやバレーボールの選手、また腸脛靭帯炎は 「ランナー膝」といわれ、長距離選手やマラソンランナーに多い障害です。

症状

慢性的な圧痛と運動痛
痛む場所は膝蓋靭帯炎が膝蓋骨の少し下、 腸脛靭帯炎では膝の外側です。どちらも運動しているときに痛いほか、圧痛や日常的にもにぶい痛みがあります。
とくに腸脛靭帯炎では、膝を曲げるときに痛みの増加するのが特徴で、このため、自然に膝を伸ばしたまま歩くという症状が出ることもあります。

治療とスポーツヘの復帰

理学的療法、マッサージ、アイシング、テーピング等を施して早期回復をめざします。
体養と練習量の軽減、患部のアイスマッサージ、大ももや膝周辺のストレッチなどを慎重につづければ回復します。 腸脛靭帯炎は0脚の人に多いというように、先天的な足の形の異常が原因にもなるので、その点を考えに入れた治療と予防も必要です 。

Scroll Up