メニュー

ブログ

たな障害, 各種症状, ひざ痛 2019.08.02

たな障害
たな障害

大腿骨と膝蓋骨の関節内側にある滑膜ヒダ(これを「たな」と呼ぶ)が炎症をおこす障害です。

原因

膝の使いすぎによる過労で、滑膜ヒダが膝蓋大腿関節にはさまってしまうことが原因です。使いすぎ以外に、膝の打撲がきっかけで発生することもあります。
たな障害
↑滑膜ヒダという組織 が大腿骨と皿の間にはさまって炎症をおこします。

症状

 
曲げ伸ばしで痛く、音がすることもあります。
膝を曲げ伸ばししたときに、にぶい痛みやひっかかる感じがすることもあります。とくに曲げた状態から伸ばしていくと、30度ぐらいまで伸ばしたときに「クリック音」というカチカチと聞こえる音がして、同時に痛むのが特徴です。

治療とスポーツヘの復帰

理学的療法、マッサージ、アイシング、テーピング等を施して早期回復をめざします。
治療は他の使いすぎ障害と同じように練習を休んでの安静が第一です。痛みがなくなればスポ―ツ復帰も可能です。また、大腿部のストレッチをやるのも治療と予防両面に効果があります。
安静による保存的治療で痛みがとれない場合は、滑膜ヒダを切り取る手術をするケースもあります。

Scroll Up